子供に中学受験をさせようと考える親御さんが多いですが、実際のところ中学受験はとても過酷な戦いです。
それは中学受験の試験内容の難易度がとても高いということと、範囲もとても広いので勉強量がとても多いということになります。
課目は国語、算数、理科、社会とありますが、どの科目も範囲が広いということと覚えることが多いので、とにかく勉強し続けなくてはならないからです。
その中でも暗記の代表といえば、社会です。
とくに社会の歴史の問題は、年号や地名、など覚えることが山のようにあるのでとてもつらいと思う人も多いです。
ではどのように年号などを攻略すればいいのでしょうか?これはこうすれば簡単に覚えられるというものは、ありませんが、年号でしたら、言い換えて覚えるのも1つの方法です。
鎌倉幕府ができた年は、「いい国つくろう」という言葉に作り替えるのはその代表です。
言い換えの本というのもだされているので、そういう参考書を購入して覚えるのもいいでしょう。
またほかの暗記は、プリント学習で繰り返して勉強していったり、歴史の漫画シリーズを飲んだりして、イメージとして頭に植え付けていくのもいい方法です。
受験では、自分なりの覚え方を確立していくのが大切です。