中学受験で国語の素地熟語を覚えるポイントは、文章の中で使っている例文を繰り返し読んだり書いたりして慣れることです。
中学受験は基礎的な問題が多くミスをしないように気を付け日頃の生活の中によくつかわれる熟語を中心に覚えます。
母国語の国語ですから使い方を理解することで早く覚えれますから、日常の生活で使ってみようといつもきにかけておきます。
また、問題集は薄いものを選ぶことで全部できたら充実感を感じるようにすると励みになります。
たくさんの問題集を並行してするよりも一つの問題集を3階通りしたほうが身に付きます。
大体同じようなことが書いてありますから一冊を丸暗記したほうがあれこれするより効率が良いです。
覚えていない熟語は二回目も覚えられない傾向にあり、できないものだけを抜き出したノートを作り繰り返し目を通します。
休み時間やちょっとした空き時間を利用してみつづけます。
口に出して読むことも効果的です。
周りの目は気にしません。
ぶつぶつ言いながら歩いて耳からも言葉を入れます。
小学生は記憶力が大変良いのであっという間に覚えれます。
覚えることができるこの時期にどんどん覚えると大きくなっても記憶に残っているので、ゲーム感覚で覚えて中学受験といわず高校受験にも役に立ちます。