子供を中高一貫校にいかせたいと思っている親御さんは多いです。
そのためにはまずは、中学受験用の塾にいくことからスタートしていくのですが、それは簡単なことではないです。
それは中学受験の課目は、国語、算数、理科、社会とありますが、それぞれ難易度が高いということと、範囲がとても広いので大変です。
生徒の成績を大きく分けるのは、苦手科目があるかどうかや、克服できるかどうかにかかっています。
とくに理科や算数は苦手とする人は多いです。
理科の分野ではてこや、なかなかなじみがないということと、だれもが苦手としているものなので、てこや星座の分野を克服できるかどうかも、合格をきめる大きなポインなのです。
では、てこの分野を攻略するポイントとはどのような方法があるのでしょうか?それは学んだあとにプリントなどを利用して何度も反復練習をしてくということです。
そして、学んだことを忘れないことも必要です。
ですからそのためには、家庭学習がポイントです。
塾だけでも家庭でも、プリントやいろいろな問題集を理由して、しっかりと基礎力を定着させておくことが必要です。
中学受験を成功させるためには、家庭での支えというのがとても大きいということになります。