中学受験を突破するためには、勉強の仕方に不空が必要となります。
しっかりと知識を身につけることにより、試験を突破することが可能となりますが、中学受験において問われる知識というのは、小学校で身につけた知識 により解くことが可能ですが、小学六年生分の知識を全て使用しなければならないために、 勉強の仕方を間違えてしまうと、効果的な対策を行うことは難しくなってしまうのです。
中学受験において差が出やすいのが、算数と理科の科目です。
社会科においては、時間をかければかけるほど得点力を向上させることができるため、それほど大きな差とはなりづらいのです。
しかし、算数や理科、特に理科の科目においては、知識を身につけるためには工夫が必要となります。
中学受験の理科は、暗記すべきところと理解すべきところに分かれます。
差が付きやすいのが計算問題です。
計算問題をしっかりと解くためには、多くの時間が必要となります。
そのため、理科を勉強する場合には、早い段階で計算問題を理解し、解けるようにすることが必要となります。
最初はわからなくても後でわかった、という状態を作るためには、早い段階で手をつけ始める必要があります。
暗記すべき場所は直前でもそれなりに得点をすることが可能ですが、計算問題は付け焼刃では対処が難しいのです。
中学受験は子供だけの問題ではなく親にも関係があります。
子供の受験を成功させるために日頃からしっかりサポートしてあげることが必要不可欠です。
こちら(⇒中学受験に関する親の心得)で書かれていますので参考にして下さい。
どのようなサポートをすればいいのか詳しく紹介されています。